嘘発見器が信頼できないにも関わらず使用され続けた理由とは?
「ポリグラフ検査」は、生体データの測定値から被験者が特定の事実を知っているかを鑑別する検査で、かつては「嘘発見器」として使われていました。そんなポリグラフ検査が「信頼できない」とされながらも利用されてきた経緯をアメリカのサギノーバレー州立大学歴史学科ジョン・バエスラー教授がつづっています。

続きを読む…

Source: agora
嘘発見器が信頼できないにも関わらず使用され続けた理由とは?