YouTubeがContent IDを用いた著作権管理のポリシー変更を発表
YouTubeでは「Content ID」という仕組みにより、コンテンツ所有者のファイルとYouTubeにアップロードされた動画の中身を比較し、著作権で保護された素材が使用されていないかをチェックしています。今回変更があったのは、事前にコンテンツ所有者がファイルをアップしておらず、あとから手動で申し立てを行う場合のルールで、非常に短いファイルを用いて他人の動画の収益を得ることが不可となりました。

続きを読む…

Source: agora
YouTubeがContent IDを用いた著作権管理のポリシー変更を発表