プラスチック製ティーバッグが100億個以上のプラスチック粒子をカップに放出していると判明
かつてのティーバッグは紙製のものが主流でしたが、近年では絹のような手ざわりときめ細かいメッシュを実現した、プラスチック製のディーバッグが広く使われています。研究者がプラスチック製ティーバッグについて調査したところ、紅茶を抽出する際に膨大な量のプラスチック粒子をティーカップの中に放出していることが明らかとなりました。

続きを読む…

Source: agora
プラスチック製ティーバッグが100億個以上のプラスチック粒子をカップに放出していると判明