災害や停電に強い家を作りたい!そのポイントは?

災害のニュースが近年頻繁に報道されています。これらは、これから家を建てようとする人たちに「災害に強い家とは何か」を改めて考えさせるきっかけになったのではないでしょうか。

建物の被害は地震によるものだけではなく、風水害によるリスクも大きいのです。今回は宅地建物取引士の吉井希宥美さんに災害を意識した住宅について聞いてみました。

1.強い地盤に建っている家は地震に強い

倒れた家具

KY / PIXTA(ピクスタ)

地震国・日本において、災害=地震と考える人は多いでしょう。

国土交通省の調査によれば、1995年に起こった阪神・淡路大震災では、亡くなった方の死因は建物の倒壊による「圧死」が83.3%を占めています。これは、新耐震法よりも前に建てられた住宅が多く倒壊したことが原因と考えられます。

また、地震の際、住宅の揺れが大きいと家具などが倒壊し、その下敷きになることでケガを負ったり、死に至ったりすることもあります。

耐震性能の高い家を選ぶのと同時に大切なのは、土地を購入する際に地盤チェックを行うことです。いくら地震に強い家を建てても、軟弱な地盤だったら意味がないからです。

地盤調査

pu- / PIXTA(ピクスタ)

1-1 ハザードマップを活用する

地盤の強弱を自分で調べたい場合は「ハザードマップ」を活用することをお勧めします。

ハザードマップは不動産業者に依頼しなくても、市役所などに行けば手に入ります。また、ホームページで公表している行政もたくさんあるので確認してください。
国土交通省が公表している「重ねるハザードマップ」は視覚的に分かりやすいのでおすすめです。

1-2 建物を建てる前に地盤をチェックする

購入する土地の候補が決まった場合、必要があれば地盤調査を行うかどうか決めます。

住宅を建てる際に行う地盤調査で、もっとも一般的なのは「スウェーデン式サウンディング試験」という方法です。これは「SS試験」とも呼ばれ、先端がスクリューの形をしている棒を回転させながら地盤にねじ込むことで調査をするものです。
費用は住宅の規模や構造によって異なり、5万円から20万円くらいと、幅があります。

地盤について不安がある場合は、不動産業者に相談してみてください。調査を行う業者を紹介してくれるでしょう。

2.風や雨による被害で怖いのは停電

水害

ハゲ&ポチャ / PIXTA(ピクスタ)

近頃は雨風による災害が増加しています。災害被害の中でも停電は、多くの家庭の生活に支障をきたします。

平成30年7月豪雨では約8万戸が停電。令和元年の台風15号では千葉市周辺で電柱や送電線の鉄塔が倒壊し、現在も復旧作業が続いています(令和元年10月現在)。

太陽光発電

たわばう / PIXTA(ピクスタ)

2-1 自家発電と蓄電機能で停電に備える

近年増えつつある「スマートハウス」。住宅の機能を一元的に管理できる、スマートフォンで遠隔操作やできるなど、エコで利便性の高いものです。
電気を使って機能を支配しているため、もし電気が使えなくなったら、一昔前よりも生活に打撃が大きいことが予想されます。

そのために現在、「蓄電池」を備えた家をつくる人が多くなっています。エネルギーを賢く使うための蓄電池ですが、災害などの停電時にも電気を使うことができるため注目されています。

2-2 標準装備で蓄電機能を備えた家もある

蓄電池はどんどん機能が改良され、使いやすくなっています。

木造注文住宅の株式会社アキュラホームが今年発売した、災害に強い家『ココイエ レジリエンス』は、太陽光発電と5.6kwの蓄電池が搭載されています。仕様にもよりますが、停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができ、太陽光発電や蓄電池から電力供給が開始され12~24時間連続で使用可能です。

蓄電池を備えた住宅は建築費用が高くつくと考えがちですが、同社は安価なパッケージ化することで、1,000万円台で太陽光発電と蓄電池を搭載した住宅を手に入れられます。

3.まとめ

流木

annna / PIXTA(ピクスタ)

各ハウスメーカーは以前から地震に強い家づくりに取り組んできましたが、近年は短期間の停電にも対応できる住宅も登場しています。

災害に強い家づくりを行っても、まったく被害を受けないという確証はありません。しかし、災害を最小限に食い止めるということにおいては、これらの視点で家づくりを行うことは無駄ではないでしょう。

ファイナンシャルプランナー(AFP)/宅地建物取引士一般社団法人/家族信託普及協会®会員 吉井希宥美

【参考】
※ 国土交通省「東日本大震災への対応について 過去の大震災との比較」
※ 国土交通省「重ねるハザードマップ」
※ 経済産業省「平成30年度に発生した災害とその対応」
※ 株式会社アキュラホーム

Source: Sumai
災害や停電に強い家を作りたい!そのポイントは?