2019年内にはGoogle検索でFlashコンテンツが無視されるようになると判明
Adobe Flashは音楽やムービーなどのリッチコンテンツを扱うための規格で、一時はインターネット上で隆盛を誇っていました。ところが近年ではFlash Playerの脆弱性が発見され、業界各社によるFlash排除の動きが加速しており、開発元のAdobeも2020年末でFlash Playerの開発と配布を終了する予定です。2019年内にはGoogle検索においてFlashを含むコンテンツがインデックス登録されなくなり、検索において無視されることが判明しました。

続きを読む…

Source: agora
2019年内にはGoogle検索でFlashコンテンツが無視されるようになると判明