「購入か賃貸か」論争は不毛!? 人気ブロガーちきりんさんの答え

ちきりんさんリノベトークショー

社会派人気ブロガーのちきりんさんは、2019年春、自宅をフルリノベした経験からリノベ本を出版。そんなちきりんさんが、秋のリノベシーズンに合わせてトークイベントを行いました。

会場となったのは、西新宿の新宿パークタワー3~7階にある「リビングデザインセンター OZONE」。5フロアにわたる広大な空間には、新築やリノベーションなどの家づくりに欠かせない設備やアイテムが豊富に揃い、様々な情報収集と体験が1か所で叶います。

今回のトークテーマは「賃貸か購入か、リノベ済物件か自分でリノベか」という、住まい探しをする時に、多くの人がぶち当たるであろうテーマ。今回はまず「購入か賃貸か」について。ちきりんさんが考える「買うべき人」や、マンションを購入するということはどういうことか、についてお伝えしましょう。

終わりなき不毛な「購入か賃貸か」の戦い

ちきりんさんリノベトークショー

新たな住まい探しのスタート地点に立つと、「購入か賃貸か」問題が自然と話題に上がってきます。そしていつの時代もそのテーマは立ち消えすることなく、私たちを悩ませます。

ちきりんさんはそんな悩める私たちに、まずひとこと。「購入か賃貸か、全員にとっての正解はない」と。

買った方がいい人、買わない方がいい人がいるのはもちろん、買った方がいいタイミングとそうでないタイミングもあります。だから、一概に「これが正解!」とは言えないのです。

でも、ネット上でこの話題が議論されると「自分の方が合理的だ!」と、正解のない戦いが始まり、終わりを見せることはありません。それはなぜか。

「買った人も買っていない人も、不安だから」とちきりんさんは言います。買ったことが正しかった、買わなくて正解だった、とそれぞれ自分の選択を正当化し、「自分の選択は間違っていなかった」と思いたいがために、戦いが勃発。

「誰が何と言おうと、買ったのは正しかった」とは、なかなか思えない私たちなのです。買っても買わなくても不安が付きまとう、それくらい家というのは大きな買い物ということなのでしょう。

「絶対に買いたい」と思える理由ある?

ペット

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

では、買う買わないの判断はどうやってすればいいのでしょうか。それは、「『絶対に買いたい!』と思える積極的な理由があるかどうかだ」とちきりんさん。

例えば、ペットを飼っているとしましょう。自分たちもペットも快適に暮らせる家というのは、賃貸ではなかなか見つかりません。

ほかにも、ピアノをいつでも弾けるよう防音設備が欲しいとか、趣味で集めたうつわを美しく壁面ディスプレイしたいとかも、賃貸では叶いにくいでしょう。そういう人は、購入して自分たちの暮らしや好みに合わせた空間を作るのがベストです。

食器

mapo / PIXTA(ピクスタ)

一方で、「買う方が得」「資産が残る」「家賃が無駄」など、購入する理由が経済的な損得のみの場合は、踏みとどまって考え直す必要があるかもしれません。

買ったら得するかは、誰にも分りません。不動産や経済のスペシャリストだって、未来を100%当てることはできないし、損した得したは後から付いてくる結果でしかありません。だから、損得を一生懸命考えて議論し続けるのは、不毛とも言えます。

世の中の経済事情や損得の話抜きに、「持ち家じゃないとダメ!」というパーソナルな理由があるのかどうか、もう一度考えてみてはいかがでしょう。

意外と高い「マンション維持費」

マンション

hap / PIXTA(ピクスタ)

「家を購入しておけば、ローンが終わった後の老後が安心」という考え方で購入を決める人もいますが、マンションの維持費は思いのほか高い。

ちきりんさんが住む築20年、総戸数約100戸のマンションの維持費(管理費+修繕積立金+固定資産税+火災保険)は、年間で約40万円。しかも、修繕積立金は築年数が経つにつれて増額されるもの。

ちきりんさんのマンションでも、この20年で修繕積立金の値上げが一度あったそうで、おそらく共益費はそのうち年間50万円くらいになるだろう、とのこと。年間50万円を月に換算すると、約4万円。

共益費はマンションの築年数や総戸数、管理体制、または家の専有面積などの要素によって決まるので、あくまでちきりん邸の数字ではありますが、どうでしょう、意外と高くありませんか?もちろん、住宅ローンが終わっていないうちは、住宅ローンにプラスしてこの金額を毎月負担することになります。

一戸建て

ABC / PIXTA(ピクスタ)

ここで、「じゃあ戸建の方が共益費なくて得だね!」という声がたいてい出てくるのですが、それは間違い。戸建だって、浴室やキッチンなどの設備、さらには外壁や屋根、配管などは経年劣化がつきもので、その点はマンションと同じ。

その修繕のために自力で計画的に貯金をしなきゃいけないのが戸建。そして、毎月決まった額を当然として支払い、住民全員で積み立てるのがマンションです。

色々と現実を突きつけてしまったかもしれませんが、だからと言って買うなというわけではもちろんありません。欲しいなら手に入れればいいし、買えるように仕事を頑張ればいいのです。

マンション購入=超長期の賃貸契約

マンション

YNS / PIXTA(ピクスタ)

ところで、「家を買う」ということはどういうことなのでしょう。ちきりんさんの定義では、「ここにずっと住む!と決めて、数十年の住居費をまとめて支払う」決断をすること。つまり、超長期的な賃貸契約を結ぶ、ということなのです。

数字を使って考えてみましょう。

家賃15万円×12か月×30年=5400万円

この式から、5400万円の家を買うというのは、家賃15万円の家に30年間住む契約と同義だと考えられます。(金利や共益費は考えないものとして計算)。つまり「毎月15万円の家賃を支払って、その家に30年間住みたいか」という問いに真摯に向き合って考える必要があるということ。

空港

charly / PIXTA(ピクスタ)

さらに、家を購入すると、会社の移転、転職、留学、災害、ストーカー、子どもの転校、海外移住など、さまざまな理由で生活の方向転換を迫られた際、その自由度が下がります。
それらを含めて考えても、「絶対買いたい!」と思える理由があるかどうか。それが“購入か賃貸か”の判断基準だと、ちきりんさんは強く言います。

ちなみに、「住まなくなったら貸せばいい」という話もよく聞きますが、自分が住まないで貸す場合は、本来は住宅ローンを一括返済する必要があります。

そのような予防線を張るような考え方ではなく、または損得勘定ではなく、「誰が何と言おうと自分にとってはこれがいい!」という明確な“家が欲しい理由”があれば、買えばいいのです。できれば、紙に書いて可視化しながら、考えてみてくださいね。

ああ、なんだか胸にグサグサささるお話が盛りだくさんでしたね。

そしてちきりんさんは、「例えば就職活動も、給料や福利厚生(だけ)がいいから(仕事内容は気に入らないけれど)ここに入ろう、とはあまりならないですよね。大事な決断は、損得勘定がメインにはならない」とも。

ねこ

あんみつ姫 / PIXTA(ピクスタ)

ちまたにあふれる「購入か賃貸か」問題は、損か得かという視点で議論されていることが多いように感じます。でも、損する得するは「住まい探し」の本来の目的ではありません。

ちきりんさんのような視点で考えてみると、自分たちにふさわしく、納得のいく選択肢を見つけられるかもしれませんね。

では、最後はちきりんさんの決まり文句をお借りして。

そんじゃーね!

■ちきりん
日本を代表する社会派ブロガー。関西出身。大学卒業後、金融機関に就職。アメリカの大学院留学を経て、外資系企業に転職し、在職中にブログを書きはじめる。
退職後、2011年からは文筆家として活躍。『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。
人気ブログ「Chikirinの日記」を運営する。

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

完全に「顧客目線」ですべてを解説。リノベーション&リフォーム入門の決定版!

これからリノベーションをする人なら、 誰でも経験者にじっくりと相談したいはず。 その相手が、日本トップクラスのブロガーだったら…… こんなに面白くて役立つ話が聞けました!

Amazone詳細ページへ

Source: Sumai
「購入か賃貸か」論争は不毛!? 人気ブロガーちきりんさんの答え