デンマークで10代の自傷行為が大きく減ったのはなぜなのか?
近年では10代の青少年における自傷行為の増加が問題視されており、イギリスやアイルランドでは2008年のリーマン・ショックに端を発する経済危機の後で10代の自傷行為が増加し、減少する兆候も見られていないとのこと。ところが、デンマークにおいては2008年から2016年にかけて10代の自傷行為が大きく減少しているとのことで、その理由についてマンチェスター大学で講師を務めるSarah Steeg氏が考察しています。

続きを読む…

Source: agora
デンマークで10代の自傷行為が大きく減ったのはなぜなのか?