総額65億円超の払い戻しが「無制限と書かれているが実は制限のある携帯料金プラン」に科せられる
アメリカの大手通信キャリアであるAT&Tが、「データ制限なし」をうたう回線プランでデータ通信量に応じた速度制限をかけていた問題で、最終的にAT&Tは顧客に対して総額6000万ドル(約65億円)の払い戻しを行うこととなりました。

続きを読む…

Source: agora
総額65億円超の払い戻しが「無制限と書かれているが実は制限のある携帯料金プラン」に科せられる