子供の絵本選びで迷ったら、ブッククラブに入会を

子育て中の家庭では日常的に、子どもに絵本の読み聞かせをしているのではないでしょうか。

日刊Sumaiライターの平野直子さんも幼稚園に通う子どもに朝と夜の2回、読み聞かせをしているそうです。子どもが幼稚園の年長になり、絵本以外の児童文学も少しずつ読むようになってきたとか。

絵本選びに悩むようになってきたのを機に平野さんは「ブッククラブ」に入会。それが子どもと祖父母との絆を深めることにもなったといいます。
どういうことなのでしょうか。

絵本選びで迷ったらブッククラブに入会しよう!

本棚

世の中にはたくさんの子ども向けの良書があります。

2週間に1度のペースで親子で読む本を図書館で借りていますが、どうしても母親の好みに偏りが出てきているな、と感じることが多くなりました。
私と子どもは別人格だし、私の好みで本を選んでいいものか、と悩むようになりました。

そんな時に声をかけてくれたのは母でした。母が見せてくれたのは、新聞の切り抜きです。そこにはブッククラブについての記事がありました。
「絵本を読むのが好きっていうから、あなたたちにプレゼントしようかと思って」と申し出てくれました。

ご存知ですか? ブッククラブって。

図書館

Nori / PIXTA(ピクスタ)

元々は読書愛好家の任意団体のことをいいます。アメリカで発達して日本でも以前流行したそうですが、有料でブッククラブの会員になるとその団体のオススメ本を毎月送ってくれるというシステム。

各地に図書館ができたり、ネットの発達などでブッククラブの活動は下火になっていきましたが、今でも活発なのが絵本のブッククラブです。
きっと、私のように子どもにどんな絵本を選んであげるのがいいのか迷っているママがたくさんいると思います。

図書館はたくさんの絵本や児童書があって、どこから手をつけていいか分からない。選択肢がありすぎるのも贅沢な悩みです。毎月通っていると気に入った作家本や、好みのイラストの本ばかりを選んでしまいがちですよね。

会社によってサービス内容はさまざま

絵本を読む子ども

ブッククラブという絵本の定期購読サービスは、いろいろな会社が行っています。

「福音館書店」などの出版社が自社の絵本を毎月配本しているものもあれば、実店舗も持つ「クレヨンハウス」など、子どもの本の専門店が独自の視点で選んだ本を発送しているものもあります。
ウェブ上で絵本の情報を発信している「子育てナビゲーション」もブッククラブを運営。
また、店長さんがひとりひとりの年齢や好みに応じて選書してくれる「メリーゴーランドKYOTO」などもあります。

私がざっと調べただけでも、10社以上のサービスを見つけることができました。

絵本選びにも各社特色があるみたいです。
定番絵本が得意なところ、自社の新刊を毎月発送してくれるところ、サイエンス分野に特化した絵本や英語の絵本を配本してくれるサービスなどもあります。

「親のための本」を送ってくれるサービスも!

絵本

我が家は「童話館」のブッククラブを両親からプレゼントしてもらっています。

月に1冊のコースと2冊のコースがあります。絵本によって価格は異なりますが1冊1300円(税別)〜くらいです。両親の金銭的な負担も、月で割るとそれほど感じないそうです。

私が童話館に決めた理由は主に3点です。超個人的意見ですが……。

1.バランスが良い
自社のみならず、約25社の出版社から絵本を選んでおり、定番から復刻版絵本まで幅広いセレクトが頼もしい。

2.絵本の差し替えができる
すでに持っている絵本は、他の本に差し替えることができます。本がダブることがないので安心。

3.大人の本も送ってくれる
年に1〜4冊、子どもの本と一緒に「親のための本」を送ってくれるのです! 読書が趣味の私には嬉しいサービスです。実はこれが決め手だったりして。

離れて暮らす両親から届く絵本のプレゼントは、思っていた以上にワクワクできる素敵なものでした。

毎月、両親に親子で感謝を伝えることができるし、絵本のあらすじや感想などをまだ稚拙ながらも頑張って説明しようとする我が子と、それを受け止めようと懸命に耳をすませる両親の姿から、孫と祖父母の絆がより強まった気がします。

出産祝いとしても人気のブッククラブ。機会があれば私も誰かにプレゼントしたいと思ってます。

Source: Sumai
子供の絵本選びで迷ったら、ブッククラブに入会を