生活する地域の公共交通機関や徒歩圏内の施設が充実している人ほどたくさん歩くと判明
ウォーキングにはさまざまな健康効果があることが知られていますが、なかなか意識的に歩く量を増やすことは難しいもの。「どのような場所に住んでいる人が多く歩いているのか?」を研究者が調査したところ、自宅や職場などから公共交通機関へのアクセスが良好で、周囲に徒歩圏内にさまざまな店舗や施設が揃っている人ほどたくさん歩くことが判明しました。

続きを読む…

Source: agora
生活する地域の公共交通機関や徒歩圏内の施設が充実している人ほどたくさん歩くと判明