テストの時間が長くなるほど男女のパフォーマンス差が減少することが判明
「男性の方が女性よりも数学や科学のテストで好成績を収める」というイメージは根強くありますが、近年の研究では、数学・科学のテストにおける男女の成績差はそれほど大きくないこともわかっています。オランダの研究チームが国際的な学力調査テストの結果を分析した新たな研究では、「女性はパフォーマンスを持続させる能力が高く、テストの時間が長くなるほど成績の性差は少なくなる」ことが判明しました。

続きを読む…

Source: agora
テストの時間が長くなるほど男女のパフォーマンス差が減少することが判明