ネアンデルタール人は人間に絶滅させられたのではなく「勝手に絶滅した」という主張
約40万年前に現れたヒト属の一種であるネアンデルタール人は、現生人類と数十万年にわたって地球上で共存していましたが、約4万年前に絶滅したとされています。ネアンデルタール人が絶滅した原因として、「現生人類との衝突によって滅ぼされた」という説も有力視されていますが、新たな研究は「ネアンデルタール人は現生人類と関係なく、勝手に消滅した」という可能性が高いと示しています。

続きを読む…

Source: agora
ネアンデルタール人は人間に絶滅させられたのではなく「勝手に絶滅した」という主張