多くの文豪が好んだ小説執筆のテクニック「Show, don’t tell」への批判
小説の中で、登場人物が感じたものや考えた内容をナレーションやセリフといった言葉で直接示すのではなく、登場人物が感じたことを「具体的な情景」として描いて示すテクニックは「Show, don’t tell」(語らずに示す)と呼ばれます。ノンフィクション作家であるソーニャ・フーバー氏が、文学に関するニュースを扱うメディアLiterary Hubでこの「Show, don’t tell」を批判しています。

続きを読む…

Source: agora
多くの文豪が好んだ小説執筆のテクニック「Show, don’t tell」への批判