論文の「ひどいチェック」が科学の発展を妨げているという指摘
一部の学術誌には、掲載予定の論文を別の科学者がチェックする査読というシステムが存在します。世に出る論文がある程度の質や正確性を保っているのは、査読者の審査に負うところが多いとされていますが、「査読者の中には非常に悪質な査読コメントを書く者もいる」と科学誌のサイエンスに記事を寄稿したサイエンスライターのクリスティ・ウィルコックス氏が指摘しています。

続きを読む…

Source: agora
論文の「ひどいチェック」が科学の発展を妨げているという指摘