おすすめキッチン雑貨!使って惚れたワケを執筆陣が語った

「日刊Sumai」のライターは、暮らしにこだわりのある人ばかり。自宅ではどんなキッチン家電やキッチン雑貨を使っているのでしょうか。
独自の目線で厳選したキッチンアイテムをご紹介します。教えてもらうのは、なつめさん、眞鍋豊洋さん、kati さんの3人です。

なつめさんのおすすめアイテム

夫と3姉妹、5人家族のなつめさん。日々の暮らしの楽しみ方を綴ったブログ「なつめの手仕事日記」も大人気。「日刊Sumai」ではプチプラグッズのDIYや掃除業者に依頼した際の詳細なレポート記事などが好評です。

よしざわ窯の器

デザインがかわいすぎる益子焼の窯元・よしざわ窯の器の数々。ぽってりとした手づくり感あふれるデザインで、どんなものを置いても絵になります。オンラインショップのほか、春と秋に行われる「益子陶器市」などでもゲットできます。

食器

眞鍋豊洋さんのおすすめアイテム

眞鍋豊洋さんは一級建築士、宅地建物取引士、マンション管理士など多数の住宅関連の資格を持ち、購入者向けのコンサルティングを行っています。ちょっとドキッとさせられる不動産や住宅関連の記事が好評です。

IKEA のマグネットナイフラック

遊びに来た友人にどこで買ったかよく聞かれる、というIKEAのマグネットナイフラック(写真右手)。
2000円以下の手頃な価格で「引き出しを開けて包丁を取り出す手間がなく、使いたいときにすぐに手が届き、インテリアとして見せられるところも気に入っています」。

マグネットナイフラック

撮影/中村風詩人

kati さんのおすすめアイテム

夫と愛犬・オールドイングリッシュシープドックのボッサと暮らすkati さん。68平米の2階建てから37平米の平屋に引っ越すにあたり、壮大な量のモノの処分に挑戦した「ミニマムライフへの道」が話題になりました。

インディアンキッチン

前から憧れていたパリのデザインユニット「ツェツェ・アソシエ」のキッチンラック(写真中央上)。「武骨さとペコペコ感が同居したデザインがかわいいくて。フックの固定が甘い、などの欠点はご愛敬」。
大皿などを立ててしまえるので取り出しやすいとか。サイズは大。ネットで5万5000円で購入したそう。

キッチンラック

撮影/中村風詩人

キッチン家電や雑貨選びの参考にしてはいかがでしょうか。

※この記事の情報は「リライフプラスvol.25」掲載時のものです

Source: Sumai
おすすめキッチン雑貨!使って惚れたワケを執筆陣が語った