温度の変化で人間の顔の輪郭に変化する形状変化素材をMITの研究者が発明
元々は真っ平らな平面でありながら、周辺温度の変化によって徐々に人間の顔の輪郭と同じ形に変化していく、という特殊な格子構造をマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が発明しました。

続きを読む…

Source: agora
温度の変化で人間の顔の輪郭に変化する形状変化素材をMITの研究者が発明