なりすましアカウントによる「荒らし」が本のレビューサイトで激増した原因とは?
ウェブサイト上のコメント欄などで、特定の個人をしつこく批判したり、意味不明なコメントを書いたりする「荒らし」行為が、読んだ本の感想や評価を共有できるウェブサイト「Goodreads」で大きな問題となっています。例えば、SF小説家であるパトリック・S・トムリンソン氏に対して、トムリンソン氏の友人の名前や写真を無断で使用した、なりすましアカウントによる大規模な荒らし行為が行われており、Goodreadsにあるトムリンソン氏の本に不当なレビューが投稿され続けています。

続きを読む…

Source: agora
なりすましアカウントによる「荒らし」が本のレビューサイトで激増した原因とは?