ユニークな受験生応援企画、名鉄電車の音には集中力アップなどの効果があるって!?電車音で作られた受験生応援ミュージック「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」公開

8ac8accdf35494a141cc9eefde31b381_m

名古屋鉄道(以下、名鉄)では、今年度「RELAX」をテーマに、「名鉄グループ受験生応援企画『MEITETSU SAKURA PROJECT.』」を、2019年11月28日(木)から2020年3月31日(火)まで実施している。この企画において、名鉄電車の音で制作したリラックスミュージック「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」を、「MEITETSU SAKURA PROJECT.」特設WEBサイトにて公開した。

本曲の制作にあたり、音響の研究を専門としている名城大学の西野隆典教授協力のもと、名鉄電車の音とリラックス効果に関する調査を実施した。そこでは、名鉄電車の音には集中力アップやリラックスできる効果があるとして注目を集める「1/f ゆらぎ」があることが判明した。

「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」は、電車の走行音や車内のアナウンス音、踏切の音など名古屋鉄道が奏でる様々な音をサンプリングして心地よい音楽に仕上げたリラックスミュージック。Rail(=鉄道)からの、 Yell(=応援歌)という意味を込めて制作された本曲は、音楽家として活躍するhenlywork氏が手掛け、受験勉強の息抜きや、リラックスして勉強にのぞみたいときにぴったりの楽曲となっている。公開期間は2020年1月9日(木)~2020年3月31日(火)まで。

■監修 西野隆典教授 コメント
音が感情に与える影響は個人個人によって違いますが、音と感情とは互いに関係があると考えられてきました。もともと鉄道の音や人の声、歩く音に「1/fゆらぎ」が含まれていることは想像できましたが、そこからできた楽曲にも、「1/fゆらぎ」があるという分析結果が出たことは驚きでした。

これまで勉強してきたこと、体験してきたこと、それらを十分にアピールするには、緊張とリラックスがほどよい状態である必要があります。

ともすれば緊張に傾いてしまう時期に、リラックスを考えるのはとても良いアイデアであると思います。

様々な世代の受験生の皆様のご成功をお祈りいたします。

<西野隆典氏プロフィール>
名城大学助手、名古屋大学助手・助教、三重大学准教授を経て、 2017年より名城大学都市情報学部教授。博士(工学)。立体音響をはじめとした音のデジタル信号処理や、人と機械をつなぐインタフェースに関する研究に従事。

「MEITETSU SAKURA PROJECT.」特設WEBサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
『銀河英雄伝説 Die Neue These 』 待望のセカンドシーズンとなる「星乱」をファミリー劇場で初放送開始
石原さとみさん出演の東京メトロ「Find my Tokyo.」新CM第4弾は「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇を先行公開!
観なければよかった・・・胸が切なくなる映画「尾崎豊を探して」公開記念!auスマートパスプレミアム会員であれば映画の劇中歌が聴ける「尾崎豊プレイリスト」を配信
aiboを使ってアートを創作!ソニースクエア渋谷プロジェクトで「aibo x graphic artコンペティション」を開催

アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」






Source: ITlifehack
ユニークな受験生応援企画、名鉄電車の音には集中力アップなどの効果があるって!?電車音で作られた受験生応援ミュージック「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」公開