エンタテインメントロボット“aibo”の2020年限定カラーモデル「aibo キャラメル エディション」が登場

img01

ソニーは、自律型エンタテインメントロボット“aibo”『ERS-1000』の発売から2年を迎え、新しい仲間として、2020年限定の特別カラーモデル「aibo キャラメル エディション」を2020年2月18日(火)より発売する。本モデルは2020年1月21日(火)午後1時より、ソニーのインターネット直販サイト「ソニーストアオンライン」およびソニーストア直営店舗にてご注文の受付を開始する。

「aibo キャラメル エディション」は、頭からしっぽまでキャラメルカラーのワントーンで揃え、元気いっぱいの明るさとともに、優しさや温もりを感じさせるデザインに仕上げた(色名称:キャラメル・ブリュレ)。

なお、2020年3月31日(火)まで、本製品を注文した人に、本体カラーに合わせたaibo首輪(キャラメル・ブリュレ)をプレゼントするキャンペーンを実施する。

■販売について
2020年1月21日(火)午後1時より、ソニーのインターネット直販サイト「ソニーストアオンライン」、および、全国のソニーストア直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にてご注文の受付を開始する。またソニーストア直営店舗では同時刻より「aibo キャラメル エディション」を展示する。2月18日(火)より順次、出荷開始となる。生産数の上限に達し次第、予告なく販売を終了する場合があるとのこと。

■エンタテインメントロボット「“aibo”(アイボ) キャラメル エディション」『ERS-1000』
価格:19万8,000円
出荷開始:2020年2月18日
aiboベーシックプラン3年:一括払い 90,000円(月あたり2,500円)、月払い 2,980円/月(36回)
aiboケアサポート:3年 54,000円(月あたり1,500円)。1年 20,000円(月あたり1,667円)
主な仕様:「aiboキャラメル エディション」(色名称:キャラメル・ブリュレ)は、通常販売モデル(色名称:アイボリーホワイト)と、頭部、耳、頬、胴体、脇、腰、足、しっぽのカラーが異なる。その他の本体ハードウェア仕様に違いはない。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
周囲の影を消し瞳にキャッチライトの映り込ませができ、しかも折りたためる人物撮影用ディフューザー「影スッキリフラッシュ」
面倒なジャッキアップがボタン操作後約1分で完了する!電動モーター搭載の機械式パンダグラフジャッキ「シガーソケット電動ジャッキ」
ソニーαシリーズと組み合わせて最強の撮影環境を実現!ワイヤレスリモートコマンダー機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」
ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」シリーズにSEIKO「BRIGHTZ」とコラボした特別モデルが登場
親指サイズのアクションカムで知られるInsta360から小型モジュール式のアクションカメラ「Insta360 ONE R」シリーズ3モデルが登場



学習ロボットをつくる(72) 2020年 1/22 号 [雑誌]
アシェット・コレクションズ・ジャパン
2020-01-15




Source: ITlifehack
エンタテインメントロボット“aibo”の2020年限定カラーモデル「aibo キャラメル エディション」が登場