Macユーザーの10人に1人が「雑で時代遅れなマルウェア」に攻撃され続けており被害は拡大していることが明らかに
2019年に入り「macOSを狙ったマルウェアが急増している」ことが判明していますが、こうした脅威のうち最も猛威を振るったのは最新の巧妙なマルウェアでも高度なウイルスでもなく、「2年前に登場した粗雑なマルウェア」だということが、セキュリティ会社Kasperskyの調べにより判明しました。

続きを読む…

Source: agora
Macユーザーの10人に1人が「雑で時代遅れなマルウェア」に攻撃され続けており被害は拡大していることが明らかに