12回住み替えした人が初リノベした!ヴィンテージ家具が似合う家

DK

Hさん夫妻は東京都大田区で築20年、専有面積75.78平米の中古マンションを購入。工事費 1162万円(税・設計料込み)で人生初のリノベーションにチャレンジしました。

人生の節目ごとに12回もの住み替えを体験してきたというHさん。初リノベで実感したのは「家に合わせるのではなく、自分たちの暮らしに合わせてつくるとストレスがない」(夫)ことだったそうです。

セレクトオーダーで浮いたコストを上手に活用

LDK

リノベのきっかけは、なんと「休みの日に子どもと行けるイベントを探していて、たまたま今回リノベを依頼したブルースタジオのイベントに参加したこと」(夫)だったとか。

基本的なゾーニングは変えていませんが、LDKは和室をなくして広さを確保。ハンモックやターザンロープを設置した楽しいスペースもつくれるほどのゆとりが生まれました。

重厚感のある木のキッチン腰壁は、夫妻が以前から集めてきたヴィンテージの家具に合わせて製作したものです。

LDK

ダイニングの椅子はフィン・ユールやカイ・クリスチャンセンなど名作揃い。生地を張り替えて使っているそう。照明器具や本棚もヴィンテージです。

LDK

リビングダイニングの床は、念願のヘリンボーンフローリングに。ブラックウォールナットが高級感を醸すと同時に、ヴィンテージ家具ともよく馴染んで見えます。

キッチン

キッチンはブルースタジオの定額制セレクトオーダー式サービス「TOKYO*STANDARD」を利用したオリジナルです。
決められたアイテムから設備や素材を選ぶシステムで、コストや手間が抑えられるます。「浮いたお金で当初から欲しかったミーレの食洗機を購入しました」と妻。

アイランドキッチンの背面には収納を設け、黄色の壁がチャーミングなパントリーもつくりました。

DK

足音などを気にしなくて済む1階にあるH邸。向かいが公園なので、キッチンやダイニングからも緑が楽しめます。

暮らしやすさを向上する回遊できる動線

子ども室

子ども室は淡いブルーのアクセントウォールとアーチが印象的。子ども室はキッチン側から入れるようになっていて、奥の寝室ともつながっています。

寝室入口

寝室の玄関側には「板チョコみたいなデザインが気に入って」(妻)というイギリス製アンティークの扉を採用しています。扉側にはWICがあり、ここからは玄関ホールを経由して洗面スペースへ向かえるため、身支度の動線もスムーズです。

玄関

玄関は下駄箱と棚をオープンにし、廊下も同じ床材にすることで広がりを演出。色鮮やかなヴィンテージのポスターが空間のアクセントに。

洗面

剣持勇デザインによる秋田木工のスツールが上質感を演出する洗面スペース。以前はコンパクトだった洗面スペースは、玄関からリビングダイニングへ向かう廊下側に出し、オープンなスタイルとしました。

つまり、キッチン→子ども室→寝室→玄関→洗面兼廊下→リビングダイニング、と回遊できるようになっているのです。「ぐるぐる回れて、動線的にも使いやすい」と夫。

水回り

洗面スペースのミラーは、美容室用の姿見を横にして使用したもの。洗面ボウルと水栓には、クラシカルかつエレガンなトコーラー社製を採用しています。
設備と内装を一新したトイレも、まるでアート空間のよう。

セレクトオーダーを賢く利用しながら、夫妻の個性あふれる住まいに仕上げたH邸でした。

設計 ブルースタジオ
撮影/水谷綾子

※情報は「リライフプラスvol.34」取材時のものです

Source: Sumai
12回住み替えした人が初リノベした!ヴィンテージ家具が似合う家