異様に低い投資額でフランチャイズ店を持つことができる「Chick-fil-A」(チックフィレイ)のカラクリとは?
アメリカで2番目に大きなチキン・ファストフード・チェーンである「Chick-fil-A」(チックフィレイ)は、フランチャイズ店を持つオペレーターの合格率が0.13%と、名門スタンフォード大学の合格率より低いことで知られています。多くのフランチャイズチェーンは「店舗を持ちたい」と考えた人が多額の投資を行う必要がありますが、チックフィレイの場合は異様に投資額が低くなるのが特徴。そんなファストフードチェーンの裏事情について、作家のZachary Crockett氏が調査をまとめています。

続きを読む…

Source: agora
異様に低い投資額でフランチャイズ店を持つことができる「Chick-fil-A」(チックフィレイ)のカラクリとは?