無印ファイルボックス×100均突っ張り棒で洗面所収納を改善!

洗濯用洗剤や掃除用洗剤に、シャンプー類のストック…。収納スペースは少ないのに、意外とモノが多い洗面所。洗面台下の収納がごちゃごちゃしていて、どこに何がいくつあるか把握できていない方も多いのでは?

「ストック管理で大切なのは、定位置を決めて、きちんと仕切ること」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。無印良品や100均アイテムを活用して、洗面台下の収納を使いやすく変える必殺技を教えてもらいました。

無印のファイルボックスが断然おすすめ!

無印良品「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ」

洗面台下の収納にピッタリなのはファイルボックスです。100均やニトリにもありますが、個人的には無印良品の「ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ」がおすすめ。ほかのファイルボックスに比べて厚みがあるので、重みで横倒しにならないからです。

ただし、ファイルボックスを並べて倒れる心配がなければ、どれを使っても問題ありません。

洗面台下の引き出しをファイルボックスで仕切る

以前のざっくり収納

以前は、空いたスペースに置くだけの「ざっくり収納」。モノが少ない割には在庫管理がしにくい状態でした。

引き出しをファイルボックスで仕切る

ここに、無印良品のファイルボックスを入れて仕分けることに。左は洗濯用洗剤と洗濯機の洗浄剤、右は掃除用洗剤と分けてみました。幅10㎝のものと、幅15㎝のワイドタイプの組み合わせが、引き出しのサイズと同じ。なるべくピッタリ収まるように組み合わせると、スペースが無駄になりません。

デッドスペースは「重ねる」「棚をつくる」で有効活用

ファイルボックスの上のデッドスペース

引き出しは、ファイルボックスがピッタリ入りましたが、問題は上のデッドスペース。とてももったいないですよね…。このデッドスペースを活かした収納を2つ考えてみました。

1つが無印良品の「ポリプロピレン収納キャリーボックス」を重ねて使うこと、もう1つが突っ張り棒を使って棚をつくるアイデアです。

無印良品の収納キャリーボックスを重ねる

キャリーボックスを重ねる

掃除用の洗剤を収納した幅15㎝のファイルボックスの上に、無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックスを重ねてみました。幅が同じく15㎝なのでピッタリ重なります。

ここには、掃除セット一式を収納。同じ用途のモノが重なっているので分かりやすく、詰め替えの動線も最短です。

100均の突っ張り棒で棚をつくる

突っ張り棚をつくる

ダイソーの突っ張り棒とワイヤーネットで棚をつくりました。落下が心配な場合は、壁と突っ張り棒の間に100均の耐震マットを挟むと、強度が上がって安心です。とはいえ、あまり重いモノをのせるのはおすすめしません。

ワイヤーネットと突っ張り棒を結束バンドで留めると、棚が安定します。

突っ張り棚にファイルボックスを置く

無印良品の「ファイルボックス・スタンダードタイプ」1/2サイズ(高さ)を置いてみました。中には、掃除用の古布やメラミンスポンジのストックが入っています。下段と同じ用途のモノを収納すれば、管理しやすくて便利。

もう1つ並べて置いて、ブラシのような掃除グッズを入れるのもよさそうです。

ストックの定位置が決まっていると、管理しやすくムダ買いもなくなります。出し入れもラクなので、ストレスもなし。今回、紹介した収納方法は、キッチンのシンク下やコンロ下にも応用できます。ぜひ活用してみてください。

Source: Sumai
無印ファイルボックス×100均突っ張り棒で洗面所収納を改善!