2019年世界のモバイルゲーム市場規模は金額にして7兆1840億円!国内年間課金売上トップは「Fate/Grand Order」~ファミ通調べ~

efec6c95e3a722f50d5b2684f1418ed7_m

ファミ通は、国内・海外のモバイルゲームマーケットをまとめたデータ年鑑『ファミ通モバイルゲーム白書2020』において、最新の市場動向を発表した。

■2019年のグローバルなモバイルゲーム市場を推計
『ファミ通モバイルゲーム白書2020』では、2019年の世界モバイルゲーム市場は、前年比103.3%の7兆1840億円と推計。世界全体の6割を占めるアジア(4兆1016億円)は、中国政府のゲーム規制強化などにより中国市場が落ち込んだことから前年より微減したが、北米(1兆7064億円)とヨーロッパ(8757億円)は前年比増となり、市場全体として引き続き堅調なプラス成長が続いている。

01

また2019年の国内モバイルゲーム売上ランキングについて、第1位は年間711億円を売り上げた「Fate/Grand Order」。2017年、2018年連続トップの「モンスターストライク」を僅差で追い抜き、初の首位となった。2019年9月に配信された「ドラゴンクエストウォーク」は、年間239億円を売り上げ、サービス開始から実質3ヶ月あまりで9位にランクインしている。

■2019年 モバイルゲーム課金売上ランキング TOP10(国内)
順位/タイトル/売り上げ(億円)
1位/Fate/Grand Order/711
2位/モンスターストライク/709
3位/パズル&ドラゴンズ/522
4位/荒野行動/424
5位/ドラゴンボールZ ドッカンバトル/301
6位/ポケモンGO/277
7位/プロ野球スピリッツA/262
8位/グランブルーファンタジー/242
9位/ドラゴンクエストウォーク/239
10位/LINE:ディズニー ツムツム/187
出典:『ファミ通モバイルゲーム白書2020』(集計期間:2019年1月1日~12月31日)

また『ファミ通モバイルゲーム白書2020』では、自社が運営するエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」のデータを用いて、モバイルゲームユーザーの実態を調査している。本調査では、国内の各タイトルが週あたりにプレイされた時間を集計し、拡大推計した「1週あたりの総プレイ時間」としてランキング化した。2019年、国内で最も遊ばれたモバイルゲームは、「ポケモンGO」だった。2016年の配信以来、非常に多くのユーザーに継続的に遊ばれていることが分かる。2019年の新作としては、3位に9月配信の「ドラゴンクエストウォーク」、10位に同じく9月配信の「マリオカート ツアー」がランクインしている。

■2019年 モバイルゲーム総プレイ時間ランキング TOP10(国内)
順位/タイトル/総プレイ時間(千時間)
1位/ポケモンGO/14811
2位/LINE:ディズニー ツムツム/13758
3位/ドラゴンクエストウォーク/10084
4位/パズル&ドラゴンズ/7703
5位/モンスターストライク/7166
6位/Fate/Grand Order/6779
7位/どうぶつの森 ポケットキャンプ/5415
8位/グランブルーファンタジー/4349
9位/刀剣乱舞-ONLINE- Pocket/3930
10位/マリオカート ツアー/3589
出典:『ファミ通モバイルゲーム白書2020』(集計期間:2018年12月31日~2019年11月3日)

ファミ通モバイルゲーム白書2020

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
CVは人気声優!家電がしゃべるあの企画が今度はコメディサスペンスで新登場~ハイアールの“連続SNSドラマ”「#目撃家電」公開
シヤチハタから働く女性の声から生まれた文房具“opini”シリーズ「オピニ 手帳のはんこペン」が登場
横浜流星、吉岡里帆、クレヨンしんちゃんまでもがMatt化!?ワイモバイルの新テレビCM、桑田真澄&Matt親子の人類Matt化計画!
クレーンゲームファン必見!バンプレストブランドのプライズアイテムが集結する展示イベント「GIFTギフト SPIRITSスピリッツ」
明治のアポロ発売50周年! 待望の“大人仕様”アポロ 「アポロマイスタイル」新発売






Source: ITlifehack
2019年世界のモバイルゲーム市場規模は金額にして7兆1840億円!国内年間課金売上トップは「Fate/Grand Order」~ファミ通調べ~