海に落ちたレゴは最長で1300年間も海中に存在し続ける
海洋に投棄されたプラスチックは海を汚染するだけでなく、誤ってプラスチックを食べてしまう海洋生物の健康や、人間の健康にまで影響を与えています。プラスチック製の組み立てブロック玩具として有名なレゴは、海で溶けて消えてなくなるまでに100年から1300年ほどかかるという研究結果が公開されました。

続きを読む…

Source: agora
海に落ちたレゴは最長で1300年間も海中に存在し続ける