「休み明けは労働効率が下がる」ことが研究で確認される
「月曜日の収益がマイナスになりやすい」という月曜効果は、金融市場における説明の付かない怪現象を指す「アノマリー」の1つとして長らく知られていました。意思決定およびテクノロジー分析の専門家であるアメリカ・リーハイ大学のオリバー・ヤオ教授率いる研究チームは、この月曜効果が事実であることを確認し、月曜日(または休み明け)の労働効率は通常の日と比較して10%近くも下がることを突き止めました。

続きを読む…

Source: agora
「休み明けは労働効率が下がる」ことが研究で確認される