キッチンの困りもの”オーブン天板”は突っ張り棒×空中収納で解決

電子レンジのオーブン機能で使う天板。どこに収納していますか?使うのは年に数回と出番は少ないけれど、意外に大きくてかさばるし、収納する定位置が決まらない…と悩んでいる方も多いのでは。

かつて同じ悩みをもっていたという、片づけのプロでライフオーガナイザーの安尾香奈さんが、試行錯誤の末にたどりついたおすすめの収納法をお伝えします。

オーブンの天板は、しまい場所に悩みがちなアイテム

キッチンの困りもの収納のひとつともいえるオーブンの天板。電子レンジやオーブンの大きさにもよるかと思いますが、立ててしまおうとすると、棚の高さや奥行きが足りず収納できない…。天板に合わせて棚を調整すると、収納スペースにムダな空きができてしまいます。ほかのアイテムに比べて、規格外ともいえるサイズが、収納場所に悩む原因です。

電子レンジの上や横の隙間に置いていると、ほこりがかぶるし見た目も悪くスッキリしません。使用頻度が低いだけに、しまい込んでしまうと、いざ使いたいときに「あれ?どこにしまったっけ?」と探したり、取り出すのがおっくうになったり。

キッチンに置いておきたいけど、取り出しやすくてちょうどいい収納場所が見つからずにいました。

突っ張り棒でスッキリ!空中収納

そこで見つけたのが、コンロ下の引き出し。フライパンや鍋を収納しているところですが、引き出しの上部にあまっている空間を発見!そこに、突っ張り棒を2本渡してみると、はたして…。

天板がピッタリおさまりました。フライパンや鍋の出し入れにじゃまにならないように、突っ張り棒はなるべく高い位置に。2本の間隔は、天板の奥行きよりも少し狭めに取りつけます。

出し入れもラクなうえ、デッドスペースもうまく活用できました。引き出しタイプのほか、両開きの収納にも使えるアイデアです。オーブンの天板に限らず、トレーやランチョンマットなどの収納にもおすすめ。

天板を取り出すのが面倒で、お菓子づくりも遠のいていましたが、この収納法にしてからは子どもとお菓子づくりを気軽に楽しめるようになりました。キッチングッズの収納を工夫すると、キッチンの使いやすさがグンとアップします。しまい場所に悩んでいるものがあったら、ぜひ参考にしてみてください。

Source: Sumai
キッチンの困りもの”オーブン天板”は突っ張り棒×空中収納で解決