「手洗い」は19世紀半ばまで医学現場でも実践されていなかった
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染を予防する対策として、世界保健機関(WHO)が「手洗い」を強く推奨するなど、人々はかつてないほどのレベルでこまめな手洗いを実践しています。しかし、今では当然の「手洗い」も、19世紀半ばまでは医療現場ですら実践されていなかったという驚きの歴史を、イギリスの大手紙・The Guardianがまとめています。

続きを読む…

Source: agora
「手洗い」は19世紀半ばまで医学現場でも実践されていなかった