パンデミックのさなかに「炭水化物が食べたくなる」理由を専門家が解説
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックという通常とは異なる状況下で、人々の心理にはさまざまな影響が現れており、ケーキ・パスタ・パンなどの炭水化物に対する「渇望」ともいえる欲求を訴える人もいます。生物学者・栄養学者などの専門家は「危機に際して炭水化物を食べたくなるのは自然なこと」と説明し、その原因を解説しています。

続きを読む…

Source: agora
パンデミックのさなかに「炭水化物が食べたくなる」理由を専門家が解説