ウイルスに強い体を作るためには「ほどほどの運動」が大事、運動しすぎはむしろ逆効果
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に猛威を振るっていますが、COVID-19治療薬が開発されるめどは立っておらず、現段階でCOVID-19を治療できるのは自分自身の肉体のみといえます。アメリカのウェイン州立大学で運動科学・スポーツ科学について研究するタマラ・ヒューバトラー氏とマリアン・フォールマン氏が、「運動量は多すぎても少なすぎても良くない」という一連の研究結果について解説しています。

続きを読む…

Source: agora
ウイルスに強い体を作るためには「ほどほどの運動」が大事、運動しすぎはむしろ逆効果