新型コロナウイルスの回復者が免疫を獲得しているかは不明とWHOが警告
世界の感染者数が180万人を超え、死者数も11万5000人超に上っている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)について、世界保健機構(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は「2009年のインフルエンザ大流行より、致死率が10倍高い」と、危険性を改めて示しました。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人について、免疫があるかどうかについてもまだはっきりとした結論は出ておらず、事態の収束まではまだ時間がかかることを示唆しています。

続きを読む…

Source: agora
新型コロナウイルスの回復者が免疫を獲得しているかは不明とWHOが警告