2022年まで社会的距離を置く必要があるという研究結果
「外出を避ける」「人と人との距離を保つ」といった社会距離戦略がパンデミック対策として効果をあげていますが、ハーバード大学の研究者が少なくとも2022年までは持続的または断続的に社会的距離戦略を続ける必要がある可能性を示しました。パンデミックが一見収束したようにみえても2024年までは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が復活することが考えられ、引き続き監視していくことになるとのことです。

続きを読む…

Source: agora
2022年まで社会的距離を置く必要があるという研究結果