生後14カ月の時点における気質が20年後の人生を左右することが確認される
「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、幼いころの性格は大人になってもなかなか変わらないものだという考えは根強いもの。新たな研究により、3歳よりもさらに幼い生後14カ月の時点における気質が、20年以上が経過して成人になった後の人生を左右していることが判明しました。

続きを読む…

Source: agora
生後14カ月の時点における気質が20年後の人生を左右することが確認される