浴室の黒カビに「くん煙剤」。増える前の投入で、掃除がグンとラクに

浴室のカビ予防をラクにできる「くん煙剤」。2か月に一度使えば、黒カビの発生を抑え、面倒なカビ取り掃除から解放される便利なアイテムです。

掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさんに、より効果を発揮できる使い方を教えてもらいました。

黒カビを増やさないためにもくん煙剤で防カビを!

お風呂の防カビ剤2種類

浴室を密室にして煙をいきわたらせることで、浴室内全体を除菌できるくん煙剤。商品としては、「ライオン ルックプラスおふろの防カビくん煙剤」や「アース らくはぴお風呂の防カビ剤」などが代表的です。煙の出ないタイプもありますが、煙が出るほうが掃除をしたという達成感がある気がして、私はこちらを使っています。

黒カビは、一度できるとどんどん増えてしまい大変。放っておくとなかなか落ちなくなってしまいます。そうなる前に、くん煙剤で黒カビの発生を防止したいもの。浴室をピカピカな状態に保つための、効果的な使い方を紹介します。

1.まずはカビ取りをする

くん煙剤は、カビの発生を減らすことができても、今あるカビをなくすことはできません。カビのある状態でも使用できて、カビが増えるのを止めることはできますが、せっかくなら黒カビをなるべく減らしてきれいな状態にしてから、くん煙剤を使うのがおすすめ。

カビの生えやすい場所を確認しながら掃除をしていきます。

浴槽下はオキシ漬けで汚れを浮かしてとる

エプロン内の浴槽下はふだん隠れていてカビに気がつきにくい場所です。エプロンが外せる場合は外して洗いましょう。排水口をせき止めて、オキシクリーンなど酸素系漂白剤でオキシ漬けすると汚れが浮いて出てきます。

※エプロンの取り外しや浴槽内部の掃除については、説明書に従ってください

天井の黒カビも除去天井にある黒いカビも。

パッキンの黒ずみはカビ取り剤で除去
パッキンのカビもカビ取り剤で取っておきます。

※酸素系漂白剤や塩素系漂白剤は十分に換気をして、説明書に従い、他の洗剤と混ざらないように使用してください

2.くん煙剤を準備する

浴室の換気扇を止めて窓を閉めます。排水口部分にも煙がつきやすいよう分解して床に置いておきます。風呂用スポンジやシャンプーボトルなどもそのまま置いておけば除菌できます。

アース ラクハピお風呂の防カビ剤

今回は「アース ラクハピお風呂の防カビ剤」を使用します。

線まで水を入れ本体をのせて蓋をする

カップに線まで水を入れます。本体をのせて蓋をすると、コトコトと音がし出します。

煙が出てくる前に浴室の外に出る

「シューッ」と煙が出てくる前に扉を閉めて30分待ちます。

※危険ですので煙が出る前に扉を閉めましょう

3.使用後はしっかり換気する

使用後は30分以上換気する
くん煙が終わったら、30分換気扇を回します。換気扇スイッチが外にない、あるいは窓を開けないと換気できない場合は、60分以上待ってから浴室内に入るようにしましょう。そして30分以上換気します。

効果を持続させるためには?

くん煙剤を使用したあとは、すぐには効果が感じにくいもの。カビがポツポツ出始めてから初めて「効いていたんだ」と実感できます。

カビが少し出始めたくらいで、すぐにカビ取りをしてくん煙剤を使用すれば、カビが増えるのをくいとめることができます。このタイミングを逃さないのが、がんこなカビ取り掃除から解放されるコツ。次回の分までまとめ買いをしておき、気づいたときにすぐにとりかかれるようにしておくのがおすすめです。

次回の防カビ日を記入しておく
ライオンのお風呂の防カビくん煙剤には、次回のタイミングを知らせるシールが入っていたり、別売りでタイマーもあるので、これを利用するのも手です。

新築のお宅など、絶対にカビを発生させたくないという方にはとくにおすすめのくん煙剤。カビが生えやすくなる梅雨前にくん煙剤を使うと、梅雨の時期にカビ取りがラクになるかもしれません。

ただし、ピンクカビには効かないので、掃除は今まで通り行い、ふだんの換気も24時間することを心がけましょう。

Source: Sumai
浴室の黒カビに「くん煙剤」。増える前の投入で、掃除がグンとラクに