ロボットの動きを筋肉で制御するシステム「Conduct-a-Bot」をMITが開発
マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)が、筋肉を動かす際に体内で発生する「筋電位信号」を使ってロボットを制御することが可能となるシステム「Conduct-a-Bot」を開発しました。

続きを読む…

Source: agora
ロボットの動きを筋肉で制御するシステム「Conduct-a-Bot」をMITが開発