植物自身が持つ物質を利用して「暗闇で光り輝く植物」が遺伝子組み換え技術で作られる
生物発光とは、生物が化学的エネルギーを光エネルギーに変換する化学反応の結果として発光する現象であり、バクテリアや昆虫、魚類などで見られます。ロシアやオーストリアの研究チームは、この生物発光のシステムを遺伝子組み換え技術で植物に組み込んで、「暗闇で光り輝く植物」を作り出しました。

続きを読む…

Source: agora
植物自身が持つ物質を利用して「暗闇で光り輝く植物」が遺伝子組み換え技術で作られる