キッチンをテーブルと一体化したら、いつもみんなが集まる場所に

オープンで明るいDK

2005年に当時築7年だった、神奈川県横浜市のマンションを2900万円で購入したOさん夫妻。数年前から水回りなどの老朽化が気になっていたなか、リノベーションした友人宅の素敵な空間に大感激したそう。

その後リノベーション会社のマッチングサイト「SUVACO」に相談してリノベーション会社を3社ほど紹介してもらい、その中から最も自分たちと感覚が近いと感じたhowzlife(ハウズライフ)に依頼。

工事費1000万円(税・設計料込み)をかけて、古くなった設備を一新するとともに、家族が集まる明るく開放的な空間をつくり出しました。

家族団らんを楽しむ開放的なLDK

サンルームのあるリビング

南西向きの窓からやわらかく光が差し込むLDK。その日当たりの良さを活かし、リビングの窓側は床材を変えてサンルームにしました。

「犬がいるので、普段はペット用トイレを置いています」と妻。洗濯物を干したり、植物を楽しむスペースとしても活躍しています。

躯体現しの天井

O邸のアイドル的存在、ロングコートチワワの愛犬・リルちゃんのお気に入りというローソファの背面には、子ども室とつながる大きな室内窓を設置。

天井は、はがしてみたら思いのほか状態が良かったことから、コンクリート躯体現しにしました。

広々とした廊下

ラックが置いてある右奥のスペースは和室の押し入れでしたが、それを撤去して広い廊下を確保。

造作のカウンターテーブルはふたつに分けて移動可能で、寝室やサンルームなどでも使えて重宝しているそうです。

南西向きの大きな窓があるLDK

廊下から望むLDK。左側にあった和室をなくし、右側にあったキッチンは南側に出して一体化することで、南面の大きな窓を生かした開放感あふれるLDKになりました。

素材を組み合わせた造作キッチン

ステンレス、ラーチ合板、タイルなど、素材の組み合わせを楽しんだ造作キッチン。コンロ下にはオーブンレンジ、反対側のシンク下にはゴミ箱が収まっています。

コンパクトな個室は空間を有効活用

子ども室にはロフトベッド

リビングに隣接する子ども室はコンパクトな4.5畳。ロフトベッドを設置して、上部空間をうまく活用しています。

以前は和室に家族3人で寝ていたそうですが、リノベーションによって長男のプライベートな空間ができました。

子ども室とリビングをつなげる室内窓

大きな室内窓を設けたことで、リビングとのゆるやかなつながりを感じられます。

寝室の収納兼ベッド

また、廊下を挟んで反対側、北側の個室は寝室に。小上がりのベッドは、下が収納になっています。

カーテンで仕切るWIC

ベッドの足元側にはもともとクロゼットがありましたが、扉を撤去してカーテンに。洗濯物が干せるアイアンバーも設置しました。

家の顔である玄関まわりは広々と

ゆったりとした玄関

「玄関はその家の顔なので、ゆったりとした空間にしたかった」という妻の希望を受けて、寝室をコンパクトにした分、玄関を広げました。靴収納はオープンな棚にすることで空間がスッキリ。

廊下沿いに水回り

廊下の左手に浴室と脱衣室、右側にトイレと洗面スペースという配置。正面には大きなガラス入り引き戸を採用したため、寝室の室内窓まで見渡せます。

廊下に面したオープンな洗面台

以前は洗濯機が置かれていた玄関横のスペースをオープンな洗面に変更。正面の壁はモルタル風の左官材「デコリエ」で仕上げました。「小さいけれどお気に入りの場所です」と妻は話します。

シンプルなトイレ

その横はトイレ。上部にはオープン棚を設けました。

モノトーンタイルの脱衣所

向かい側には既存の洗面台を撤去し、洗濯機と収納棚を配置した脱衣室があります。右手に浴室があり、洗濯動線がコンパクトに。

洗面スペースを廊下側に出したことで、ゲストにも気軽に使ってもらえるようになったそう。

リノベーションを振り返って、「やはり家は生活の基盤なのだな、と実感しました。リノベーションをして生活の場が整うと、趣味をもっと楽しもう、新たな仕事にチャレンジしてみよう、と気持ちが前向きになりました」と妻はにっこり。

「週末にホームパーティをすると、来た人に喜んでもらえて充実したいい時間を過ごせています」と夫も生まれ変わった空間を満喫しているようでした。

設計・施工 howzlife(ハウズライフ)
撮影 飯貝拓司
※情報は「リライフプラス vol.33」掲載時のものです。

Source: Sumai
キッチンをテーブルと一体化したら、いつもみんなが集まる場所に