VRゴーグルでヴァーチャルな小田急線を楽しめる!小田急「Satellite Train」オンラインで運行開始

sub1

小田急エージェンシーは、VISUALIZと共同で、 ネット上でバーチャルな電車への擬似乗車体験や、 ヘッドマウントディスプレイを使用しVR体験ができる『Satellite Train』を開発して公開した。

『Satellite Train』は、 昨今の新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とする外出自粛に伴い少なくなった“電車の時間”をバーチャルで体験することを目的としている。

”電車の時間”を考え事や読書、 気持ちの切り替えや休息など、 自分の大切な時間として活用していた人に再びその時間を感じてもらえるスペースとして開発。 車内には広告スペースも設け、 バーチャルの世界での交通広告の可能性を検証するほか、 新型コロナウイルスの感染予防につながる啓発・支援活動を行っている企業・団体などにはバーチャル車両の広告スペースを無償提供する予定だ(要審査)。また、 車両を貸切車両としてカスタマイズできるサービスも提供する予定だ。

■『Satellite Train』概要
・開設日  2020年4月28日(火)
・開発意図  電車で過ごした何気ない時間が大切だったことを改めて気づかせてくれる空間として、 「電車のひと時をどんな時でも変わらず過ごしてもらいたい」という想いを込めて制作しています。 10年後の通勤電車をイメージし、 バーチャルにおける交通広告の可能性についても検証します。
・主なコンテンツ:
[乗車体験]
架空の電車への擬似乗車:ワンクリックで乗車体験を始めることができる。
[VR体験]ヘッドマウントディスプレイ使用でVR体験が可能。ドア付近や座席など、 好きな視点で360°の車内に没入できる。
[無料広告出稿]車内に無料で掲出可能。ドア上、 ドア横、 マド上などへの掲出が可能 ※事前審査あり
・Twitter開設:公式アカウント「@satellite_train」で最新情報を発信していく
・今後の計画:車窓を動的にするなどバージョンアップを予定している

Satellite Train

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
シャボン玉石けんの調査で判明!正しく手洗いできてると自信のある人はたった12%、約6割が手洗い後の処置が間違っている
志村けんさん追悼企画でCS放送ファミリー劇場が『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントを5月2日(土)に約8時間一挙放送!
長期化する「コロナ自粛」で温泉気分に浸りたいアナタに! バーチャル温泉動画の日替わり配信はいかが?
マスク転売ヤー撲滅!アイリスオーヤマが政府からの要請に対応して国産マスクの生産能力を1億5千万枚/月に増強
おやつカンパニーが生まれた時の体重と同じ重さのベビースターラーメンが当たる!“ドデカイ”感謝プレゼントキャンペーンを実施


鉄道まるわかり 002 小田急電鉄のすべて
旅と鉄道編集部
天夢人
2018-11-16





Source: ITlifehack
VRゴーグルでヴァーチャルな小田急線を楽しめる!小田急「Satellite Train」オンラインで運行開始