「密」な建物や部屋を自動で検知して入場を制限してくれるクラウドサービスが登場
屋内にいる人の密度を測定するためのセンサーやソフトウェアを開発するDensityが、建物や部屋の中が「密」かどうかを自動で検知し、入場制限の表示や社会的距離の達成度を可視化できるクラウドサービス「Safe」を発表しました。新型コロナウイルス感染症対策のため、人と人との距離が近い「密」の状態を避ける必要性が世界中で叫ばれている中で、感染者との濃厚接触を予防できる可能性を秘めています。

続きを読む…

Source: agora
「密」な建物や部屋を自動で検知して入場を制限してくれるクラウドサービスが登場