ムンクの「叫び」が呼吸で色を失いつつあることが判明
ノルウェーの画家であるエドヴァルド・ムンクの「叫び」は、独特のタッチで描かれた人物の顔と血のように赤く染まった夕景が印象的な1枚で、ムンクの代表作として知られています。この名画「叫び」の色彩が少しずつ劣化していると以前から指摘されており、その答えが「呼吸」にあったと最新の研究で判明しました。

続きを読む…

Source: agora
ムンクの「叫び」が呼吸で色を失いつつあることが判明