史上最大級のハッキングがインド企業により行われたことが判明、ハッカーらは自分の仕事をSNS上で自慢
2020年6月9日に、カナダのトロント大学を拠点とする情報通信技術の研究機関Citizen Labが、世界中で7年間にわたり数千件を超えるメールアカウントをスパイしていた職業ハッカー集団「Dark Basin」を特定したと発表しました。この問題を報じたロイター通信によると、Dark Basinの活動は「これまで公表された中で最大のスパイ活動」とされているとのことです。

続きを読む…

Source: agora
史上最大級のハッキングがインド企業により行われたことが判明、ハッカーらは自分の仕事をSNS上で自慢