無印でおもちゃ収納が解決。ボックス、ケース、バスケットを使い分け

シンプルでどんなテイストにも合わせやすいデザインと、使いやすさが人気の無印の収納用品。カラフルでごちゃごちゃしがちなおもちゃも、無印アイテムを投入すれば、子どもっぽくならずすっきり収納できます。

おすすめのアイテムと使い方を、整理収納アドバイザーのtakaさんに教えてもらいました。

かさばるおもちゃは持ち手付き&軽い収納用品に

カラフルなおもちゃを無印良品の収納アイテムですっきり収納

見た目重視で収納用品を選んでしまうと、子どもが出し入れしにくい状態になり、結果おもちゃが収納されず出しっぱなしになってしまう可能性も。親のストレスも溜まってしまいかねません。小さな子どもはおもちゃを親のそばに持ってきて遊ぶことも多いもの。

そこで、ブロック、ぬいぐるみ、ボール、プラレールなど大きくてかさばるおもちゃには、持ち手付きで軽い収納用品がおすすめです。

無印良品の持ち手付帆布長方形バスケットとソフトボックス

・持ち手付帆布長方形バスケット(左)
・ポリエステル綿麻混  ソフトボックス(右)

無印良品のやわらかポリエチレンケースとポリプロピレンファイルボックス

・やわらかポリエチレンケース(左)
・ポリプロピレンファイルボックススタンダード  幅25㎝タイプ(右)

中身が見えずすっきり

大きくてカラフルなおもちゃは目隠し収納ですっきり。

無印良品のポリプロピレンファイルボックス用の別売りのフタとキャスター

プラレールや木のおもちゃなど、持つには重いという場合は、ファイルボックスに「ポリプロピレンファイルボックス用キャスターもつけられるフタ」とキャスター(4つセット)を追加すればラクに移動できます。

中身が重いときはキャスターつきが便利

上記の収納用品にはフタつきのものや専用のフタ(別売り)も販売されていますが、フタなしのものを選ぶようにすると子どもが取り出しやすく、ポイっと入れられるので片付けるのもラクになります。

スタッキングするなら引き出し収納を選ぶ

スタッキング収納で収納スペースを有効活用

収納スペースを有効活用したい場合はボックスを重ねるより引き出し収納を選び、重ねて使用するのがおすすめです。

無印良品のポリプロピレンケース引出式

・ポリプロピレンケース  引出式

カードゲーム類をポリプロピレンケースの引き出しに収納

ボックスだと、下にあるおもちゃで遊びたい時、「1.上のボックスをどかす」「2.遊びたいボックスを取る」「3.どかしたボックスを戻す」「4.遊びたいおもちゃのフタを開ける」と最低4工程必要ですが、引き出しなら「1.引き出しを開ける」だけですみます。

ポリプロピレンケースの引き出しは抜いて持ち運べる

ポリプロピレンケースは引き出しを簡単に取り外せ、軽いので遊ぶ場所に持っていくことができます。引き出しごと持ち出せることで片付けるのもラクになります。

ファイルボックスはおもちゃ収納にも使える

 

無印良品のポリプロピレンファイルボックスに収納

学習用品や書類などの収納に便利な「ポリプロピレンファイルボックス」ですが、おもちゃ収納にもおすすめです。

引き出しには収まらないサイズのおもちゃ、かさばらないけど種類ごとにざっくり分けておきたいおもちゃを収納すればスッキリして省スペースにもなります。わが家ではリカちゃんのお店屋さんを種類ごとに収納したり、絵本やぬりえなどを収納したりしています。

半透明とホワイトグレーの2色がありますが、出し入れのしやすさを重視するなら半透明、すっきり重視ならホワイトグレーを選ぶといいです。

収納に困る細々したものはEVAケースで立てて収納

細かいものは無印良品のEVAケースに収納

パーツがなくなったり混ざったりが多いパズル、何かと増えるシールや細々したパーツの収納には「EVAケース・ファスナー付」がおすすめです。

中身を入れたEVAケースは自立するので立てて収納

素材がしっかりしていて中にモノを入れれば自立するので、小さなスペースに立てて収納できます。

せっかく買うなら自宅のインテリアにも合うものを選びたいですし、せっかく買ったならおもちゃ、学習用品や衣類…と成長と共に変化する子供のものの収納にも活用できて長く使えたら嬉しいですよね。

無印良品の収納用品はそれらを叶えてくれるはずです。今回ご紹介したものは全て数種類ずつサイズ展開されていますので、おもちゃのサイズや量、収納スペースに合わせて選んでみてください。

Source: Sumai
無印でおもちゃ収納が解決。ボックス、ケース、バスケットを使い分け