「必須アミノ酸の摂取を制限すること」に肥満や2型糖尿病リスクを下げる効果があるという新たなダイエットのアプローチが示される
一般的にタンパク質は人が生きる上で摂取しなければならないものであり、必須アミノ酸の欠乏は健康に害を及ぼすと考えられています。しかし、新たなマウス研究で、特定の必須アミノ酸の摂取量を減らすことは、2型糖尿病や肥満のリスクを下げる可能性が示されています。

続きを読む…

Source: agora
「必須アミノ酸の摂取を制限すること」に肥満や2型糖尿病リスクを下げる効果があるという新たなダイエットのアプローチが示される