「死んだ人工衛星」を人工衛星の墓場からよみがえらせ再利用するプロジェクトが実行されている
人類は通信や地球観測などさまざまな目的で人工衛星を打ち上げていますが、人工衛星には寿命があるため、用済みとなった人工衛星の処理やスペースデブリの発生などが問題視されています。そんな中、アメリカ航空宇宙局(NASA)がノースロップ・グラマンと共同管理する「Mission Extension Vehicle(MEV)」という小型宇宙船が、人工衛星の寿命を伸ばす重要な役割を果たす可能性があると報じられています。

続きを読む…

Source: agora
「死んだ人工衛星」を人工衛星の墓場からよみがえらせ再利用するプロジェクトが実行されている