アイリスオーヤマの布団乾燥機でダニ対策!2枚同時乾燥で時短にも

アイリスオーヤマの「カラリエ ツインノズルタイプ」

長女が喘息で、梅雨の時期は喘息の発作が出やすいため特に気をつけているというnaokoさん。ダニ対策のために、マットなしの布団乾燥機として人気のアイリスオーヤマ「カラリエ ツインノズルタイプ」を購入したそう。使ってみた感想を詳しく教えてもらいました。

マット式の布団乾燥機は手間と時間がかかる

マット式の布団乾燥機

我が家では夏場でも週に1度は布団乾燥機をかけるようにしています。以前はマット式のものを使っていました。

3枚の布団を裏表乾燥させるには時間がかかるし、くしゃっとなったマットを毎度毎度敷き布団の上に広げてその上から掛け布団をそっとかけて…というのが面倒で仕方ありませんでした。

乾燥機の後は、ダニの死骸などを取り除くために、掃除機で布団の裏表をじっくり吸引しなければならず、1日に3人分の布団のケアは、それはもう大仕事。数年前、エアコンをつけずに頑張っていたら軽い熱中症になってしまい、それ以来1日に1人分だけと決めていました。

でもそうなると週に3日は布団のケアに時間を取られます。これもまた面倒ですが、長女のためにも手を抜くわけにはいきません。そんな我が家の救世主となったのが、アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエ ツインノズル」です。

2台同時使用で、3人分の布団ケアが一気にできるように

最近主流になってきたホース式の布団乾燥機は、マットを広げる手間がなく、布団にノズルを差し込むだけなのでラクチンです。最大の特徴は、ツインノズル。つまり同時に2組の布団乾燥ができるのです!

立体ノズルを布団に差し込む

立体ノズルなので、上から布団をかけるとホースの吹き出し口がふさがれる、という心配がありません。

2枚の敷き布団同士を上下に重ねて、その間にカラリエのノズルを差し込む

ダニモードは100分。途中で布団の裏表をひっくり返します。

マットタイプの布団乾燥機で娘の布団を乾燥中

娘の布団は私が使っている薄手の羽毛布団をかぶせて、以前使っていたマット式の布団乾燥機にお世話になることにしました。隅々にまで熱が伝わり、徹底的にダニ対策できます。

2台同時に使用すると、同時に3枚の敷き布団を乾燥できますし、何より嬉しいのは終わったら一気に3枚の敷き布団に掃除機をかけられることです。1組ずつ乾燥機をかけていた頃に比べて、布団ケアにかかる時間も手間も大幅にカットすることができました。

コンパクトサイズだから持ち運びが楽

重さは2.2kgと軽く、サイズは36×16㎝。B5サイズのノートと比べるとご覧の通りです。寝室の隅に置いていても邪魔になりません。秋冬は温めるために毎日使いますので、コンパクトサイズなのは嬉しい限りです。

布団用ノズルで入念にダニ対策

アレルギーを引き起こすのはダニとその死骸と言われています。乾燥でダニを退治したら、その死骸をきれいに布団から取り除かなければなりません。

掃除機に取り付けられる布団用ノズル

最近は優秀な布団クリーナーが続々と発売されていますが、値段も高いしかさばるので、我が家では既存の掃除機に取り付けられる布団用ノズルを使っています。パナソニックの「ふとん清潔ノズル」という商品です。近くの家電量販店で3,000円くらいで購入しました。

掃除機に取り付けられる布団用ノズルの裏側

通常のノズルヘッドだと、べったりと布団に吸い付いてしまって思うように動いてくれませんし、衛生面を考えても布団用は別に用意するのがいいですね。

布団片面につき90秒以上、ゆっくりじっくり掃除機をかけていきます。縫い目は特に時間をかけて吸い込むようにしています。裏も忘れずにかけましょう。面倒なダニ対策も、コンパクトで便利なグッズのおかげでグンと楽になりました。

Source: Sumai
アイリスオーヤマの布団乾燥機でダニ対策!2枚同時乾燥で時短にも