デザインで「人間が感覚的に見分けやすい色」を選ぶ方法をデータ可視化のプロが解説
ある特定の色を表現するために利用される色空間には、RGBやHSV、HSLなどがあり、それぞれの色空間で色を表現する方法が異なります。データ可視化ツールのDatawrapperでCTOを務めるGregor Aisch氏が、「人間が感じる色」に基づいて色を使い分けるには、色空間が重要であると自身のブログで語っています。

続きを読む…

Source: agora
デザインで「人間が感覚的に見分けやすい色」を選ぶ方法をデータ可視化のプロが解説