セミオープンキッチンの好事例集。いいとこ取りで、断然使いやすい

妻のこだわりを反映したダイニングとキッチン

おしゃれなキッチンと言われたら、まず最初に思い浮べるのは、オープンな対面式キッチンでしょう。開放感があり絵になること、リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいことなどから、とても人気があります。

ただし、オープンなのでニオイや煙もオープン!さらにキッチン自体の収納スペースも多く取れません。それに片付いていなければLDK全体も散らかった印象になるなど、ストレスになるデメリットもあります。

そのデメリットを解消してくれるのがセミオープンのキッチンです。腰壁などで仕切れば収納スペースもつくれ、シンクや天板の上が片付いていなくてもLD側から気になりません。ほどよい距離感はニオイ、煙を抑え、コミュニケーションも可能。オープンとクロースドのいいとこ取りのセミオープンキッチンをご紹介しましょう。

腰壁とパーテーションで仕切られたL字型のセミオープンキッチン

メインはクリナップのキッチン
キッチンからはガラス越しにLDが。仕切られていながら家族とつながっていられるキッチンです。
開放的でありながらシンクや天板の上は腰壁でLDからは見えません。調理中のニオイや煙も遮断。その仕切られ方が絶妙です。

壁付けタイプのL形のシステムキッチンを採用したので、収納もしっかり取れています。またコンロの裏側にはパントリーも設け、とても使い勝手のいいキッチンになりました。

食器や調理道具をたっぷりしまえるオープン棚
このパントリーには、手持ちの食器棚の置き場を確保しつつオープン棚も設置。食器や調理道具をたっぷりしまえるようにしました。キッチンからワンアクションで出し入れできるのもうれしい。

料理教室の開催を想定したカウンター
将来、料理教室を開くことを想定し、キッチン横にはIHを埋め込んだカウンターをつくりました。キッチンの延長として、家族にとってはもう一つのダイニングスペースとして活躍しそうです。

コンロと調理スペース
壁には人気のサブウェイタイル。アイアンとの組み合わせも抜群です。LDKが緩やかにつながっていながら、キッチンの部分の床や壁を変えて、ある種独立したインテリアを楽しめるのも、セミオープンキッチンのメリットと言えるかもしれません。

セミオープンの決め手は、家族とつながれて収納力も抜群なこと

セミクローズのキッチンからLDを見る
個室より家族で過ごすリビングを広く取りたい!ということがいちばんの希望でスタートしたマンションリノベです。個室を縮小し、キッチンを移動させることでLDの拡張を実現。壁で囲まれていたキッチンもセミオープンにしたので明るくなり、LDで過ごす子どもたちの様子を見ながら作業ができるようになりました。

当初はアイランドキッチンを望んでいましたが、セミオープンのキッチンでも開放感があり、収納力も抜群な点が決め手となりこのプランに。リビング側から中が見えすぎないところも気にいっているそう。

パントリー タイル リノベーション
さらにキッチンの奥には、花柄のクロスやアーチ型の入り口があり、左右に棚が設けられたパントリーが。
個室 リビング ダイニング リノベーション
リビングの全景。家族が集まってきて、思い思いに過ごしたくなるようなリビングですね。右手がセミオープンのキッチン。左手の壁に設けられたスタディコーナーも使いやすそうです。

愛犬の誤飲を防ぐため、ガラス入りパーティションでセミオープンDKに

視界は遮らないガラスパーティション
こちらの事例は、ひとりで留守番をすることも多い愛犬のことを第一に考えたリノベーションです。正確に言うと、セミオープンのキッチンではなく、ゼミオープンのダイニングキッチンです。

ダイニングキッチンは、愛犬がキッチンに入ることで誤食や誤飲をしないようにと配慮して、ガラス入りパーティションで仕切りました。木を塗装してフレームにすることも検討しましたが、せっかくなのでスタイリッシュに仕上がるスチールを採用したそう。
リビング側のペット用のタイル、ダイニング側のオーク無垢のヘリンボーンの床との相性も抜群です。

料理のしやすいⅡ型キッチン
キッチンはふたりで並んでもゆとりある広さを。作業スペースが広く、釣りが趣味の夫が持ち込んだ大きなブリなどもさばけるそう。
「天板上には何も置きたくない」(妻)とのことで、食器は引き出しに、よく使うものはオープン棚に収納できるようデザインされています。
キッチンの奥のパントリーには、鍋や調理器具がずらり。扉は付けずオープン棚のみにしたので、よく使うものがワンアクションで取り出せて便利。

ガラスパーティションで仕切ったDK
手前のキッチンはタイル貼りに。ダイニングとキッチンも床材でゾーニングをしています。ガラスのパーティションが抜け感を損なわず、籠っているような安心感を生み出してくれているのも、セミオープンの魅力と言えそうです。

※今回紹介したキッチンはすべて「日刊Sumai」で掲載されています

■料理教室を自宅で将来、開きたい。キッチンを家の中心にリノベーション 設計・施工/SHUKEN Re 撮影/松井 進
■ファミリークロゼット&つながるLDKで団らんが楽しい家 設計・施工/スタイル工房 撮影/飯貝拓司
■愛犬を第一にキッチンは誤飲を防ぐガラス入りパーティション、床も滑りにくい素材に 設計・施工 un(エヌ・ユー)リノベーション撮影 山田耕司

Source: Sumai
セミオープンキッチンの好事例集。いいとこ取りで、断然使いやすい