ティータオルや都市型コンポストで、キッチンからストレスが減った

キッチンには、いろいろなモノが置かれているのでごちゃごちゃしがち。掃除もしにくいですよね。
「使いにくいキッチンを改善するために、少しでも手間だと感じたモノはなくしてみました。一方で、取り入れたモノもあります。モノを減らすだけが整理ではないのです」と話すのは整理収納アドバイザーの藤野ことさん。

自宅のキッチンの紹介を交え、使いやすいキッチンにするためのノウハウを教えてもらいました。

キッチンからなくしたモノ3つ

キッチンにはなくてもいいモノが当たり前のように置かれています。わが家では、ちょっと手間だなと感じていた以下の3つをなくしてみました。

水切りカゴ

シンク内の洗いカゴ

シンク内に設置するタイプの水切りかご。かなりのスペースを占領していたので、野菜を洗ったり、調理用のお湯を流したりするときに邪魔でした。
食器を洗い終わったらすぐにティータオルで拭く

そこで、水切りかごをやめて、シンク横にティータオルを敷いておくことにしました。ティータオルとはリネン素材のキッチンクロスのこと。おしゃれなデザインのものが多く、使い勝手がいいので注目を集めています。

食器を洗い終わったらすぐにティータオルで拭いて食器棚に戻すだけ。もう水切りかごの必要性は感じません。

大きなゴミ箱

シンク横に小さなゴミ箱を設置
以前はシンク下に置いてあった大きめのゴミ箱。いちいち扉を開け、さらにゴミ箱のフタを開けてゴミを捨てるのがとても面倒でした。

そこで、シンク下のゴミ箱は処分し、リビングとキッチンの間にキャスター付きのゴミ箱を設置しました。普段はリビングに置き、使うときだけキッチンに動かしています。

その一方で、シンク横に小さなゴミ箱を設置。こまごましたゴミをまとめておき、あとからポイッと大きなゴミ箱に捨てています。

キッチンマット

キッチンマットを撤去した後の床

汚れやすいのに、なかなか洗濯しにくいキッチンマット。掃除機がけもマットがあると大変でした。そこでキッチンマットを撤去。洗濯の手間が省け、床はサッと拭くだけになり、かなりラクになりました。

家事をラクにするために取り入れたモノ

家事がよりラクになるように、取り入れたことは2つあります。

ウエスをIHクッキングヒーターのそばに

コンロ用のウエス
IHクッキングヒーターの近くに、古布をカットしたウエスをセットしました。油汚れは固まらないうちに落としてしまったほうが簡単。汚れたらすぐにサッと拭き取るだけでキレイをキープできます。

拭く習慣がついたので、大がかりな掃除の回数が減りました。
※コンロの近くにモノを置くときは、十分な距離をあけるように注意してください。

都市型コンポストをベランダに

都市型コンポスト

ベランダに都市型コンポスト(LFCコンポスト、価格は3000円程度)を取り入れました。コンポストとは、生ゴミを分解・発酵させてできた堆肥のこと。今回導入した都市型コンポストは、マンション住まいでもコンポストが作れるように考えられたもので、やり方も簡単。送られてきたコンポストセットに生ゴミを入れて混ぜていけば、約2か月で堆肥ができ上がります。

こちらのコンポストは、虫を防ぐファスナー付きのバッグ型。ベランダに置いてもスタイリッシュでおしゃれです。わが家ではベランダで育てているハーブの肥料にしています。

コンポストを導入してから、生ゴミをすぐに処理できるようになったので、生ゴミのイヤな臭いが残りません。コンポストそのものも臭わないので、ベランダに置いておいてもまったく問題なし。

家庭の生ゴミを9割以上削減でき、環境に優しい生活になりました。

キッチンに必要ないと判断したモノをなくしたことで、これまでストレスに感じていた家事の手間がかなり減りました。キッチンに「あるべき」と勝手に思い込んでいただけで、なくても平気なモノがたくさん存在していたのです。

モノを減らしてもストレスがなくならなければ、足りないモノを補ってみることも大切。家事は、何が余計で何が足りないのかを繰り返し見直すとラクになっていきます。

Source: Sumai
ティータオルや都市型コンポストで、キッチンからストレスが減った