NASAが「エスキモー」や「シャム双生児」など差別的な言葉を含む天体名の使用を控えることを発表
アメリカ航空宇宙局(NASA)が、2020年8月5日に人種差別や多様性への配慮に欠けた天体名の使用を控えることを検討していると発表しました。発表によると、まずは「エスキモー星雲」ことNGC2392や、「シャム双生児銀河」と呼ばれる2つの銀河NGC4567とNGC4568などがニックネームで呼ばれなくなるとのことです。

続きを読む…

Source: agora
NASAが「エスキモー」や「シャム双生児」など差別的な言葉を含む天体名の使用を控えることを発表