イデアコのマスクディスペンサーが超優秀。さすが専用品の使い勝手

いろいろなタイプのマスクケース

外出時の必需品となったマスク。サッと取り出しやすくて、おしゃれに収納できたら…と感じている人は多いのでは。
「大人用のマスク収納はイデアコのマスクディスペンサーがベスト」と語るのは、整理収納アドバイザーFujinaoさん。3COIN、無印、100均の収納ケースを流用して試してみた結果、この結論にたどり着いたそう。専用ケースならではの、使い勝手を紹介します。

3COINS、無印、100均のアイテムをマスクケースとして使ってみた

我が家は小学2年生と4年生の子どもが2人いる4人家族。それぞれ顔の大きさが違うので、マスクのサイズも違います。
それ故に今、我が家に必要なマスクの種類は3種類。

子ども用、私用の小さめサイズ、夫用の普通サイズです。マスクが混ざってしまわないようにマスクケース使い分けたいので、まずは3COINS、無印、100均のアイテムをマスクケースとして使ってみました。

3COINSのウェットティッシュケース

3COINSのウエットティッシュケース

こちらの3COINSのウェットティッシュケースは片手でも簡単に蓋の開け閉めができるので、子どもでも簡単に取り出せます。

無印良品のウェットティッシュケース

無印良品のウエットティッシュケース

同じくらい使い勝手が良いのが無印良品のウェットティッシュケースです。こちらも蓋が軽くて開け閉めがしやすく、取り出し口も大きいのでマスク入れにピッタリ。

100均のマルチケース

100均のマルチケース

お値段で選ぶなら100均のダイソーやキャンドゥで売っているこちらのマルチケースもおすすめです。十字の切り込みが入っている中蓋はお好みで取り外すこともできます。蓋は両手を使わないと開け閉めしにくいタイプ。

大人の普通サイズマスクが入らない!

ただ、上でご紹介した3つのケースには1つ問題がありました。それは大人の普通サイズマスクが入ってもギリギリ、もしくは入らないサイズだということです。

無印良品のケースは大人の普通サイズマスクがギリギリ入る

3COINS、無印良品のケースは大人の普通サイズマスクがギリギリ入りますが、個包装タイプは入りません。

100均のマルチケースは大人用サイズのマスクがが入らない

100均のケースにはそもそも大人用サイズは入りませんでした!

イデアコのマスクディスペンサーはデザイン、機能ともにピカイチ

ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサー

いろいろとリサーチした結果、大人の普通サイズマスクはマスク専用のケースを使って収納することに。デザイン性の高い雑貨を数多く発売しているメーカー・ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサーです。

特徴は、マスクを下から1枚ずつ取り出せること。いちいち蓋を開けなくてもサッとティッシュのように取り出せるので便利!取り出し口は下向きに細く付いているだけなので、ホコリが入る心配もありません。

ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサーは大人用のマスクでも余裕で入る

肝心なサイズもバッチリ!大人用のマスクでも余裕を持って入ります。個包装タイプでも問題なく使えます。

ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサーは容量もたっぷり

一度にたっぷりの枚数を収納できるので箱マスクを買っても大丈夫。箱マスクの中身を移す際にはヒモを上向きにして入れると引っかからずに取り出すことができますよ。

ideaco(イデアコ)のマスクディスペンサーは使用時に動いてしまう心配がない

下に向かって引っ張り出すタイプなので、手前に空間ができるように棚やチェストの端などに設置して使うのがおすすめです。本体の底にしっかりと滑り止めがついているので使用時に動いてしまう心配もありません。

色は5色展開でお値段は3,500円+税。マスクケースとしては少し高めですが、機能性とデザイン性はピカイチです。

マスクとはこれからも長く付き合うことになりそうなので、デザイン、使い勝手のいいマスクケースがあると、プチストレスが軽減されて快適に暮らせると思いますよ。

Source: Sumai
イデアコのマスクディスペンサーが超優秀。さすが専用品の使い勝手